かほすみ生活


4年間のスペイン生活後帰国。16歳と12歳の娘と家族4人で新天地でまた悪戦苦闘中です。
by かほすみ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
★お友達ブログ★
以前の記事

ねえね談

最近元気になってテンションが高いねえね・・・・
私もホッと安心したのですが、ねえねの話の中から原因というか?理由と言うかが見えてきました。

「ねえね、今学校楽しいねん♪」

という言葉がやっと??出てきました。
元々学校大好き!な子だったので、やっとスタート地点に立てたかなと思います。
いつもいつも学校が最高に楽しい場所で有り得ないことはわかっているのですが、基本的に好きな場所でないと辛すぎるので、好きであってくれたら・・・と思っていました。
なぜ急に楽しくなったのか? 
進級して、クラスや環境がみんなと一緒に新しくなったためかと思っていたのですが、どうも先生が変わってクラスの雰囲気が変わったからのようです。

「△△先生は怖かったからなぁ~」 
と以前の担任の先生を客観的に見られるようになっていました。 
新しい担任の先生は男性で、おもしろいけれど怒ったら怖い!というねえねにとっては理想の先生のようです。 冗談も通じるし、ご出身が九州で関東に暮らし始めた時のエピソードなどねえねが共感できるような話もしてくださるようです。 ねえねは今までスペインで、先生に対しても失礼なぐらい気安くいろいろなことを話して、また気さくに接してもらってきました。 以前の担任の先生はねえねが今まで知らないタイプの先生だったのです。 熱心で有能な先生だったのですが、ねえねの持つ先生のイメージと距離があったため、関わり方に彼女がとまどっていたのもあったと思います。 
少人数の学校にいたので、先生との関わりや距離が一般の日本の小学校よりも密で、お友達と同じぐらいの関係を先生にも求める・・・・ いわゆる過保護に育ってきた”ツケ”でもあると思います。
確かに、冗談を言って話しかけやすいタイプの先生ではありませんでした・・・・(笑)
でもその先生のサポートがあったので、今ねえねがやっと楽しいと言えるようになったのは確かだと思います。


子供の戸惑いって、親の予想外です・・・(苦笑)


「給食当番、やったらおもしろかったわ~」
・・・・・・・・
4年生の時は最後のお当番も免除してもらうぐらい嫌がっていたくせに、コロッと変わってます・・・(苦笑)


我が子ながら理解不能です・・・・(苦笑)
でも子供はひとつのきっかけでいろいろなことが解決するのだと改めて思い知らされました。
[PR]
by kahosumi | 2009-04-16 10:34 | ねえね
<< 久しぶりのスペイン語 新しい学年で・・ >>


最新の記事
戻せた体重
at 2015-06-13 17:52
久しぶりの海外 & Flig..
at 2015-05-25 09:09
卒業式用の服 購入
at 2015-01-11 15:11
あけましておめでとうございます
at 2015-01-08 16:56
ひと足早い福袋 
at 2014-12-28 13:29
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧